世田谷 就労継続支援B型事業所 ハーモニーの公式ブログ

harmony.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:お知らせ( 89 )

『カルタ、シンジル、ダイジョウブ~超・幻聴妄想かるた~』展

『カルタ、シンジル、ダイジョウブ~超・幻聴妄想かるた~』展
2018年7月22日(日)10:00~17:00
場所: 東京都世田谷区世田谷3-4-1アップビル2F ハーモニー


a0021670_00385287.jpg

ハーモニーでは、『超・幻聴妄想かるた』の完成イベントして、展示会を行います。ぜひ、御参加下さい。

『超・幻聴妄想かるた』のパネル展示や、齋藤陽道さんの写真の展示を行います。
会場ではメンバーからかるたのエピソードや、施設長やスタッフから、かるた作りやハーモニーのことを聞いたりできます。

a0021670_00191057.jpg

<イベント>
10:30~  13:30~ 『超・幻聴妄想かるた大会』
「幻聴妄想かるたとハーモニー」の説明に続いて、ハーモニールールでみんなでかるたを楽しみます。(各回先着10名程度)
優勝者には、豪華(?)賞品を予定。
その後、御希望により、自分でかるた札を作るワークショップを行います。

a0021670_00374833.jpg

a0021670_00384161.jpg


12:00~ 『幻聴妄想ラジオ局』 
ハーモニーのメンバーとスタッフがペアになって、かるたのことやハーモニーのこと、日々の暮らしについて楽しくトークします。登場予定のメンバーは、金原さん、田中さん、平和さん、のんこさん、たかさん、益山さんなど。各回20分程度、1時間に二人。
細かいスケジュールは、後ほど公開します。 (座席には限りがあり、整理券を発行するかもしれません)


a0021670_00380358.jpg

a0021670_00391964.jpg


13:00~16:00 『ハーモニーカフェ』
ハーモニーの厨房でカフェを開きます。
メニューはコーヒー、紅茶の他、「45歳の誕生日に平和(たいらなごみ)さんが食べたアップルパイ」「森田さんの甘栗」など『超・幻聴妄想かるた』にちなんだスイーツです。
カフェで飲食された方には、抽選で素晴らしい「ハーモニー現実アトラクション」のプレゼントあり。
(伝説のメイドカフェの復活はあるのか????)

a0021670_00382575.jpg



10:00~17:00 『販売コーナー』
会場では『超・幻聴妄想かるた』(会場価格)のほかにも、パステル画のポストカードなどハーモニーのオリジナル品を購入することができます。


問合せ先

〒154-0017 東京都世田谷区世田谷3-4-1アップビル2F 特定非営利活動法人やっとこ

TEL&fax 03-5477-3225 harmony_setagaya@ybb.ne.jp(ハーモニー)



[PR]
by harmony_setagaya | 2018-07-17 00:43 | お知らせ

『超・幻聴妄想かるた』発売です!

a0021670_18062378.jpg




ハーモニーの幻聴妄想かるた第3弾

『超・幻聴妄想かるた』発売です。

購入はこちらから 
『超・幻聴妄想かるた』販売サイト


前作の『新・幻聴妄想かるた』から4年、新しい「幻聴妄想かるた」が完成しました。

「ハーモニー」に集った人たち。彼らの苦労と日々の生活を題材に、みんなで作ったのが「幻聴妄想かるた」です。3弾となる本作『超・幻聴妄想かるた』も、前作までと同様、書籍と箱入りのかるた札のセットとなっています。


障害/健常、病/健康、異常/正常、といった境界を見つめながら、それでも、境界を「超えて」、一人ひとりの人として出会える場所を一緒に探しませんかという意味をこめて『超・幻聴妄想かるた』と名づけました

(本書「はじめに」より)





a0021670_12254353.jpg



詩人の谷川俊太郎さんからも、推薦の言葉をいただきました(*)

数多くのハーモニーを応援して下さる人たちの力で完成しました。

何らかの「生きづらさ」を抱えた人へささやかなエールを送り、地域づくりやアートの分野で活動する人たちにも共生に向けたヒントを示すことができれば幸いです。 *セット売りのケースカバーに掲載


a0021670_11202898.jpg


<セット内容>

★かるた札

かるたにエピソードを寄せたハーモニーのメンバーは21人。ほぼ2014年から18年までの間に起きた出来事や話されたエピソードを元に、字札を作り、絵を描きました。今回は色鮮やかな、カラーです。

さらに、大学でのハーモニーのかるた大会、豪徳寺での上田假奈代さん(詩人・詩業家)とのワークショップなどで、来場者の作ったものも札の中に加えてみました。ハーモニーの活動がキッカケで生まれた、人それぞれの「幻聴妄想かるた」をお楽しみください。




a0021670_18103876.jpg

a0021670_18421524.jpg

この札は「せ:正社員が叫んでる!」です。10年以上スーパーに勤めた金ちゃん。不況で社員の数も減り、ライバル店が近所に進出した頃から、仕事が厳しくなりました。残業を強いられ、頓服薬を服用しながら耐える金ちゃん。そしてついに正社員が失踪する日がやってきたのです。 



★本

施設長の新澤克憲による一枚一枚のかるたの札の解説と共に、ハーモニーの日々の様子や個性豊かなメンバーの横顔を紹介しました。前作に続き、齋藤陽道さん(写真家)撮りおろしの24枚の写真に加え、新澤と上田假奈代さんと対談、伊藤亜紗さん(美学者)の寄稿など、盛りだくさんの内容です。 (四六判 176P)




a0021670_18114344.jpg

a0021670_17291847.jpg


a0021670_12085749.jpg


目次

はじめに・・・ 新澤克憲(ハーモニー施設長)

集うこと、語ること、生きること - ハーモニーと幻聴妄想かるた ・・・ 新澤克憲

1.いたずらに評価しない、評価されない場所

2.「幻聴妄想かるた」の誕生

3.みんなの「幻聴妄想かるた」へ

『超・幻聴妄想かるた』読み札とエピソード

エピソードを寄せたハーモニーのメンバーたち ・・・ イラスト 富樫悠紀子

あ~ぬ

わ~ん

[コラム] 私とハーモニー ①~⑤

うたかたの日々・・・ 戸島有貴子(ハーモニースタッフ)

「幻聴妄想かるた」と「すまいるかるた」 ・・・ 六車由実(すまいるほーむ管理者)

複数の現実を取り戻す ・・・ 深澤孝史(美術家)

線引きを薄くし混在させる、居心地の良さ ・・・ 黒瀬憲司(ハーモニースタッフ)

苦痛やつらさはサンショウウオとなって ・・・ 雨貝覚樹(高野山真言宗僧侶)

[写真]妄想と希望の炒め物をめしあがれ ・・・ 齋藤陽道

[対談]みんなの誰にも言えない話をかるたにする ・・・ 上田假奈代(詩人・詩業家)×新澤克憲

[寄稿]和気あいあいの他人事 ・・・ 伊藤亜紗(美学者)

おわりに ・・・ 新澤克憲



超・幻聴妄想かるた (本+かるたセット)

定価 2,800円(税別)

( 税込み 3,024円 )

2018年6月1日発行


<>

著者:新澤克憲+就労継続支援B型事業所ハーモニー

編集:佐藤恵美、米津いつか(ノマドプロダクション)

デザイン:ライラ・カセム

写真:齋藤陽道

イラスト:富樫悠紀子

校閲: 大澤 啓德

<かるた>

文・イラスト:就労継続支援B型事業所ハーモニー

監修:新澤克憲

制作:佐藤恵美、米津いつか(ノマドプロダクション)

デザイン:ライラ・カセム



購入方法:ハーモニーの通販サイトで購入可能です。


こちらから



a0021670_18124609.jpg

*郵送にあたり、現在は送料はいただいていませんが、振込手数料はお客様の負担となります。また、ハーモニーで直接、購入される場合は、必ず事前にご連絡の上、来所ください。

また、郵送にあたって、外側のケースを折りたたむなど外形の変更をする場合があります。その際は、お客様の方で組み立てていただきます。

今後、書店、ハーモニーの参加する展示会、バザー等のイベントなどで販売する予定ですが、決まり次第、特設ページでお知らせいたします。

*ハーモニーの通販サイトがご利用できない場合は、ハーモニーに直接連絡下さい。

*単体のみの販売も可能です。郵送の場合、送料の御負担をお願いしています。

『超・幻聴妄想かるた(本)』(1,600円+税)、『超・幻聴妄想かるた(札)』(1,200円+税)詳しくはハーモニーまでお問い合わせください。


発行および問合せ先

〒154-0017 東京都世田谷区世田谷3-4-1アップビル2F 特定非営利活動法人やっとこ

TEL&fax 03-5477-3225 harmony_setagaya@ybb.ne.jp(ハーモニー)





[PR]
by harmony_setagaya | 2018-06-15 15:10 | お知らせ

おしらせ


ハーモニーでは、「幻聴妄想かるた」で遊んだり、メンバーたちの経験談を聞いたり、来場者のみなさんと一緒にカルタと描いてシェアする出張イベントを毎年、5~6回行っています。
日帰り圏内でしたら、メンバーたちの工賃+諸経費で出かけて行きます。
大学、保健所、家族会だけでなく、学会、地域の施設連絡会や当事者グループ、まちづくりNPOなどのお招きで色々な所に出かけて行きました。
ご予算に応じて、やり方を工夫しますので、どうかお気軽にお声かけください!

a0021670_22294539.jpg


a0021670_22302000.jpg


a0021670_22305373.jpg

a0021670_22321421.jpg



a0021670_22354452.jpg

a0021670_22344873.jpg

a0021670_22393324.jpg

a0021670_22401661.jpg







[PR]
by harmony_setagaya | 2018-04-21 21:48 | お知らせ

F 『クロージングイベント』 日時:3月2日(金)

F 『クロージングイベント』

日時:32日(金)18:30-20:30

クロージングイベントでは、18:30より一週間の「かみまちハーモニーランド」を振り返ります。
ハーモニーズによる「鼻笛と舞い」に続き、藤本豊さんによる講演とトークです。
幻聴に対する心理的アプローチのひとつ「ヒアリング・ヴォイシズ」を学んだり、
声が聞こえる人と共にあることについて考えてみたいと思います。


「声と共に生きるということ」

日時:32日(金)19:00-20:30 無料

場所:ハーモニー

ゲスト:藤本豊(立教大学コミュニティー学部・明治大学文学部 兼任講師)

藤本豊さん
都立中部総合精神保健福祉センターなどで心理職として勤務
幻聴の当事者とヒアリング・ヴォイシズ東京例会を主宰 
主な著書:「私たちの津久井やまゆり園事件」「統合失調症のひろば」3号 -ヒアリング・ヴォイシズという考え方-「幻聴の世界-ヒアリング・ヴォイシズ-」など

ヒアリング・ヴォイシズとは?

「回復は孤立のなかでは起こらない」「専門家とクライエントの人間関係だけでは、回復は不可能なのだ。回復は、クライエントの生活全体でとらえていかなければならない。彼が住み、働いている社会から孤立しているようなら、生活全体とはいえない」(『幻聴の世界 ヒアリング・ヴォイシズ』中央法規)より

オランダの社会精神医学者マリウス・ロウムは、「幻聴」を治療の対象ではなく誰にでもある体験と考えて、声が聞こえる人々と一緒に聞こえる体験を理解し共有化する作業を始めました。これがヒアリング・ヴォイシズの始まりです。声が聞こえる人の体験を受け止め、その体験を真摯に聞くことで、声に振り回されずに暮らしていける対処方法を一緒に考えていきます。


a0021670_22452905.jpg

【お申し込み方法】
プログラムはすべて予約制となっております。
イベントスケジュールをご確認の上、お申し込みはメールにて代表者氏名、参加希望のイベント名、参加人数、当日連絡のつくご連絡先を明記の上、kamimachiharmonyland@gmail.comまでご連絡ください。



[PR]
by harmony_setagaya | 2018-02-28 23:03 | お知らせ

動くラインスタンプ 第二弾はアニメーション!

ハーモニーのラインスタンプ、第二弾はアニメーション!
a0021670_16252479.png
好評につき、幻聴妄想かるたスタンプの第二弾を作りました。
なんと、幻聴妄想が動くんです!?

すし屋で倒れたあの瞬間。
ぐるぐる回るちっちゃいおじさん。
スイカをたべるとおいしい、その一部始終が
アニメーションになって、あなたも幻聴妄想の世界を体験、できるかも!?しれません。
画像をクリックすると、スタンプのアニメーションをみることができます。































価格は240円です!

インターネットか、ラインストアで
動く幻聴妄想かるたスタンプ
と検索してください!

もしくはurlに
https://store.line.me/stickershop/product/3021270/ja
と入力してください!

よろしくお願いいたします。


[PR]
by harmony_setagaya | 2018-02-23 14:51 | お知らせ

B  オープニングトーク「私たちが複数の現実を信じるということ -幻聴・妄想と信仰をめぐって」 

B  オープニングトーク

「私たちが複数の現実を信じるということ 
-幻聴・妄想と信仰をめぐって」



「かみまちハーモニーランド」では2回ほど関連するトークイベントを企画しています。

1.「私たちが複数の現実を信じるということ -幻聴・妄想と信仰をめぐって」

日時:223日(金)18:30-20:00(ただし18:00よりオープニングイベント)

ゲスト:秋田光軌 (浄土宗大蓮寺副住職。浄土宗應典院主幹・應典院寺町倶楽部事務局長)

2.「声と共に生きるということ」
日時:32日(金)19:00-20:30(ただし18:30よりクロージングイベント) 

ゲスト:藤本豊(ヒヤリング・ヴォイシズ東京例会主催。立教大学コミュニティー学部・明治大学文学部 兼任講師)

 

12共に

場所:ハーモニー

定員:20(要予約)

参加費:無料


a0021670_00460515.jpg

1では、大阪から浄土宗の僧侶である秋田光軌さんをお招きし、幻聴・妄想と信仰について学び、考えたいと思います。

私たちは自分たちの見えている現実が唯一の正しいストーリーだと信じていますが、現実だと信じているものも、実は多くのストーリーのなかのひとつであり、隣にいる人はまた違うストーリーを生きているのかもしれないと想像する機会は多くありません。

今回、「かみまちハーモニーランド」では、ハーモニーメンバーのそれぞれの体験を「精神科の症状」とするのではなく、隣人の生きているもう一つの現実と考えるところから、企画をスタートしました。


幻聴や妄想は、精神疾患に伴う症状ではありますが、身体的な病や事故など生命が危うくなる事態、別離や喪失などの強い心理的ストレス下においても体験するといいます。

たしかにハーモニーのメンバーたちの体験した不思議な話を聞いてみると、辛く長期間に及ぶ苦労であることも多いのですが、なかには、幻聴や妄想が自分自身の過酷な境遇を生き延びるために与えられたギフト(贈物)のように思えることもあります。幸運な妄想(「いつも監視されているが、それは恋しい彼女が自分を守ってくれているから」)は、その人の毎日を豊かに彩っているようにも感じられるのです。


様々なアプローチを探る中で、私たちの頭を離れなかったのは、幻覚、妄想と「信仰」との関係でした。

「洋の東西を問わず、宗教が成立する際に、ある特定の個人にもたらされる天の啓示や神のお告げは、その人にのみ聞こえ、視ることのできた現象として記述されるのが共通の特徴である」(「幻聴の世界 ヒアリング・ヴォイシズ」日本臨床心理学会編)とあるように信仰と「声」の関連は深いように感じられました


それで、現役の宗教者にお話しをうかがいたくなりました。

秋田さんは、大阪の浄土宗大蓮寺副住職、浄土宗應典院主幹という現職の僧侶であり、「應典院を拠点に仏教のおしえを伝えるのみならず、哲学対話や演劇的手法などを交えて、人が死生への問いに取り組むことができるよう活動」(秋田さん自身のプロフィールより)されています。


秋田さんに打ち合わせで、出家の話を伺いました。

出家とは、俗世から完全に去ることを意味するのでない。

実際は、俗世のストーリーに囚われた私たちの現実を「信仰」という外からの視点で捉え直すことだというお話しが印象的でした。


太古の昔においては、幻覚や妄想も、人々を救う「信仰」の一部として、俗世のストーリーとは異なったもうひとつの現実として世界の中で輝いていたというのは、ロマンチックすぎる妄想かもしれません。

ただ、曖昧さを排除し、概念を明快にしていく現代は、科学的に正しいとされる一つの現実しか認められないのではないかという息苦しさを感じる時代でもあります。


世界の捉え方は多様であり、目に見えている現実以外にも世界はあるという「おおらかさ」を持った世界は、当事者を含め、あらゆる人に生きやすい世界かもしれない。そんなことを思いながら、トークの準備をしています。


ぜひみなさん、ご予約を!

場所:ハーモニー

定員:20(要予約)

参加費:無料

お申し込み方法

お申し込みはメールにて代表者氏名、参加希望のイベント名、参加人数、当日連絡のつくご連絡先を明記の上、kamimachiharmonyland@gmail.comまでご連絡ください。

お問い合わせ先

特定非営利法人やっとこ 就労継続支援B型事業所ハーモニー

東京都世田谷区世田谷 3--1アップビル2F

TEL : 03-5477-3225



a0021670_01044520.jpg
a0021670_01054066.jpg

----------------------------------------------------------------------
(予告)

2.「声と共に生きるということ」日時:32日(金)18:30-20:30(講演は19:00) 

場所:ハーモニー

ゲスト:藤本豊(立教大学コミュニティー学部・明治大学文学部 兼任講師)

都立中部総合精神保健福祉センターなどで心理職として勤務。幻聴の当事者とヒアリング・ヴォイシズ東京例会を主宰 主な著書:「私たちの津久井やまゆり園事件」「統合失調症のひろば」3号 -ヒアリング・ヴォイシズという考え方-「幻聴の世界-ヒアリング・ヴォイシズ-」など

ヒアリング・ヴォイシズという取組は、幻聴の体験をそのまま、体験者の言葉を大事にしながらその体験への理解・対処・支援について学び、きこえる本人の自己理解と関係者の理解や視点の拡大をすすめようとする研究と支援活動です。http://www.dailymotion.com/video/x14twrv

藤本さんと共に、声が聞こえる人と共にあることについて考えてみたいと思います。

予約方法は1と同様です。


[PR]
by harmony_setagaya | 2018-02-22 01:07 | お知らせ

E 『金原さんと行く水戸黄門殺害現場検証ツアー』

E 『金原さんと行く水戸黄門殺害現場検証ツアー』
a0021670_08170393.jpg

前世では古代エジプトの女性と結婚した3人の子どもは現代
へと渡り、いずれも大成し活躍しているという金原さん。
さて、惑星ゴアとは? 羽根木公園で起きた驚きの事件とは?


a0021670_08172902.jpg
E 『金原さんと行く水戸黄門殺害現場検証ツアー』
日時:3月2日(金)13:00-15:30
集合場所:ハーモニー
定員:10名 (要予約)
参加費:無料(電車で梅ヶ丘駅まで移動します。その際の交通費実費はご負担いただきます)


a0021670_08164694.jpg

【お申し込み方法】
プログラムはすべて予約制となっております。
イベントスケジュールをご確認の上、お申し込みはメールにて代表者氏名、参加希望のイベント名、参加人数、当日連絡のつくご連絡先を明記の上、kamimachiharmonyland@gmail.comまでご連絡ください。

ハーモニーランドの概要はこちら
http://harmony.exblog.jp/238333296/


[PR]
by harmony_setagaya | 2018-02-21 08:19 | お知らせ

「かみまちハーモニーランド」イベント情報1

D『田中さんと行く池尻、宝拾いツアー』
大雨の夜、ハイテンションのエネルギーにまかせて、おかあさんの目を盗んで夜の街にさまよい出た田中さん。太古の昔より、お宝が流れつくという言い伝えられた伝説の地「池尻」、その夜、発見したお宝とは?!
そして、田中さんを待ち受ける運命はいかに?

a0021670_00053170.jpg
田中さんは、夏になると躁状態になり、超ハイテンションで寝られない日々が続きます。それが極まると合宿(入院)状態になるとおっしゃいます。

田中さんの躁が極限まで高まった時に浮かび上がったのが、生まれてから50年以上住み続けている、元は池だったとされる池尻の伝承でした。伝承に取り憑かれた田中さんはとある事件を起こします。さてその事件とは??笑

事件を追体験するツアーでもありますが、それとともに
池尻の地形や、明治以降騎兵隊や陸軍の駐屯地だった名残、国道246と江戸時代からの旧道大山道も田中さんの思い出とともに巡っていきます。

ハーモニーランドの住人「ハモ人」たちの現実を体験するツアー第1弾は26日の午後からだよ。
ハーモニーランドの館長深澤さんと田中さんが「妄想と信仰の里池尻」をご案内します。
 

D『田中さんと行く池尻、宝拾いツアー』
日時:2月26日 (月)13:00-15:30
集合場所:ハーモニー
定員:10名 (要予約)
参加費:無料(電車で近隣地域まで移動します。その際の交通費実費はご負担いただきます)
 

【お申し込み方法】
プログラムはすべて予約制となっております。
イベントスケジュールをご確認の上、お申し込みはメールにて代表者氏名、参加希望のイベント名、参加人数、当日連絡のつくご連絡先を明記の上、kamimachiharmonyland@gmail.comまでご連絡ください。

http://harmony.exblog.jp/238333296/

a0021670_00055163.jpg
a0021670_00050536.jpg
a0021670_00053170.jpg


[PR]
by harmony_setagaya | 2018-02-20 00:40 | お知らせ

「かみまちハーモニーランド」開園します!

a0021670_17104913.jpg




ハーモニーでは、東京都の事業である*TURNの、「アーティストとともに、地域住民も参加できる時間やプログラムをつくることで、地域にひらき、文化施設としての機能をつくりだす」というTURN LANDに参加しています。



今年度は美術家である*深澤孝史氏と共に2月23日から3月3日までの9日間、ハーモニーの場を拠点とした「かみまちハーモニーランド」というプロジェクトを行います。


『かみまちハーモニーランド』とは?

2月23日から3月3日までの9日間、ハーモニーと世田谷の町を舞台に来場者に、メンバーたちが体験している現実(きっと、自分とは違う物の見方や感じ方)を様々なアトラクションを通して知ってもらう試みです。


『かみまちハーモニーランド』 イベントスケジュール

「かみまちハーモニーランド」の会期中、様々なアトラクションやイベントを開催します。参加希望の方は事前にメールでのお申し込みが必要です。

※メンバーの体調等により内容が急遽変更になることがあります。それも含めて「かみまちハーモニーランドの現実アトラクション」としてお楽しみいただければと思いますので、ご了承ください。


A『かみまちハーモニーランド』1日体験

期間中の平日、それぞれの多様な現実を持つハモ人達の暮らす『かみまちハーモニーランド』でマッタリ過ごしながら、「現実アトラクション」を通じて、多様な現実を体験できるよ!

日時:226日(月)~32日(金)10:0016:00 

場所:ハーモニー

定員:13(要予約)

参加費:無料
予約の際に10:00から16:00のうち御都合のいい滞在時間を指定してください。12:00-13:00に滞在する方は申し込み時に予約すると実費(400円)でハーモニーの昼食が食べられます。


B 『オープニングイベント』

日時:223 (金)
18:00-18:30
館長あいさつ
18:30-20:20
【オープニングトーク「私たちが複数の現実を信じるということ -幻聴・妄想と信仰をめぐって」】 

場所:ハーモニー

定員:20(要予約)

参加費:無料

ゲスト:秋田光軌 

浄土宗大蓮寺副住職。浄土宗應典院主幹・應典院寺町倶楽部事務局長。



C 『愛の予防センター』

ハーモニーで毎週水曜日に行われているミーティング。今回は『かみまちハーモニーランド』仕様で、来場者のみなさんも一緒に参加できます。

日時:224 (土)13:00-15:00

場所:ハーモニー

定員:20 (要予約)

参加費:無料


『田中さんと行く池尻、宝拾いツアー』

日時:226 (月)13:00-15:30

集合場所:ハーモニー

定員:10 (要予約)

参加費:無料(電車で池尻大橋駅まで移動します。その際の交通費実費はご負担いただきます)


『金原さんと行く水戸黄門殺害現場検証ツアー』

日時:32日(金)13:00-15:30

集合場所:ハーモニー

定員:10 (要予約)

参加費:無料(電車で近隣地域まで移動します。その際の交通費実費はご負担いただきます)


F 『クロージングイベント』

日時:32日(金)
18:30-19:00
かみまちハーモニーランドの1週間を振り返る
19:00-20:30
クロージングトーク 「声と共に生きるということ」】

場所:ハーモニー

定員:20 (要予約)

参加費:無料

ゲスト:藤本豊 幻聴の当事者とヒアリング・ヴォイシズ東京例会を主宰 

立教大学、明治大学、兼任講師


G 『オプショナルツアー』
日時:33日(土)
「どこにいくかはお楽しみ」(会期中に発表します)

場所:未定 

定員:未定 

参加費:実費


お申し込み方法

お申し込みはメールにて代表者氏名、参加希望のイベント名、参加人数、当日連絡のつくご連絡先を明記の上、kamimachiharmonyland@gmail.comまでご連絡ください。


A の『かみまちハーモニーランド』1日体験をご希望の方は、ご予約の際に10:00から16:00のうち御都合のいい滞在時間を指定してください。

また、12:00-13:00に滞在する方は申し込み時に予約すると実費(400円)でハーモニーの昼食が食べられます。ご希望の方はその旨も明記してください。


お問い合わせ先

特定非営利法人やっとこ 就労継続支援B型事業所ハーモニー

東京都世田谷区世田谷 3--1アップビル2F

TEL : 03-5477-3225


*深澤 孝史(ふかさわたかふみ)

美術家。1984年山梨県生まれ。場や歴史、そこに関わる人の特性に着目し、他者と共にある方法を模索するプロジェクトを全国各地で展開。2008年に鈴木一郎太とともにNPO法人クリエイティブサポートレッツにて「たけし文化センター」を企画。最近の主な活動として、漂着神の伝説が数多く残る町で、漂着廃棄物を現代の漂着神として祀る神社を建立した《神話の続き》(2017、奥能登国際芸術祭)、埋もれた地域の歴史を現代に結びつけ直すことで、市民の主権と文化の獲得を目指す《常陸佐竹市》(2016、茨城県北芸術祭)、お金のかわりに自身のとくいなことを運用する《とくいの銀行》(2011-、取手アートプロジェクトほか)など。

a0021670_16220032.jpg


*TURN(ターン)

TURNは、 オリンピック・パラリンピックの東京2020公認文化オリンピアードです。「アーティストが、障害者支援施設や社会的支援を必要とする人の集うコミュニティへ赴き、その場所を利用する人や支援者等との交流を重ね、相互に関係する交流プロセスをつくりだす」(TURN HPより)、端的にいうならば、利用者たちと何らかのアート的な活動を行うということです。


*ハーモニー

かみまちハーモニーランドの舞台となる、ハーモニーは、特定非営利活動法人やっとこが運営する、こころの病を持ちながら地域で暮らす人が日中通う施設で、就労継続支援B型事業所とも呼ばれています。

統合失調症や躁鬱病、パーソナリティ障害、発達障害などの30名ほどのメンバーが利用登録をしていて、それぞれ好きなときに来て、作業をしたり、音楽を聴いたり、歌ったり演奏したり、友達と話したり、ボランティアの方が作ったおいしいお昼ごはんを食べたり、思い思いに過ごしたら、好きなときに帰って行きます。

もちろん、困ったことがあったら、相談することもできます。

ハーモニーでは、リサイクルショップの運営をしていたり、カルタやパステル画、さき織り等の商品を作って販売したり、清掃や雑貨の袋詰め等の軽作業を請け負ったり、バンドを組んで、コンサートを開いたりと、様々な顔を持っています。

いったい、どんな場所なのか?
実際ハーモニーの人と交流して、体感してみてくださいね。



【このプロジェクトは、東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、特定非営利活動法人Arts Embraceが主催するアートプロジェクト「TURN」の一事業「TURN LAND」として実施します。】




[PR]
by harmony_setagaya | 2018-02-16 14:27 | お知らせ

2018年2月2日(金) 上田假奈代×ハーモニー「幻聴妄想みんなのかるた」開催します!(申し込み締め切りました)

a0021670_17222876.png
本イベントは申し込み定員に達したため、申し込みを締め切らせていただきました。ありがとうございました。
申し込まれた皆さまは、当日、気をつけてご来場ください。
当日の様子は、春に発売の「幻聴妄想かるた3(仮題)」なかで紹介させていただく予定でいます。おたのしみに。


 東京・世田谷の就労継続支援B型事業所ハーモニーで生まれた『幻聴妄想かるた』は、統合失調症などの精神障害を抱えながら日々を生きるメンバー(利用者)たちが実際の経験を元に制作したかるたです。2011年には医学書院から発行され、2014年には『新・幻聴妄想かるた』として札を新たに発行、売り上げの一部は施設で作業をする人たちの工賃となって還元される仕組みも徐々に出来てきました。その後、かるたは口コミで少しずつ広がり、福祉施設や大学、ギャラリーなど様々な場所へとメンバーが出向き、彼らと一緒に『幻聴妄想かるた』を使ったかるた大会が行われています。

今回開催する「上田假奈代(うえだかなよ)×ハーモニー『幻聴妄想みんなのかるた』」は、近年、全国各地で行っているハーモニーのメンバー以外の体験をかるたにする「幻聴妄想みんなのかるた」の特別バージョンです。ハーモニーから徒歩10分ほどの距離にある豪徳寺(ごうとくじ)にご協力をいただき開催する運びとなりました。前半の『幻聴妄想かるた』を使ったかるた大会では、楽しく笑いながら心の病についての理解を深めます。後半のワークショップ「つくってみようみんなのかるた」では、大阪・西成(にしなり)を拠点に、「釜ヶ崎(かまがさき)芸術大学」を開催したり、「ココルーム」の運営を行うなど、どこかハーモニーと通じるような活動を行っている詩人・上田假奈代氏をゲストにお招きして、参加者のみなさんとハーモニーのメンバーが一緒にかるた制作に取り組みます。

ハーモニーのメンバーたちは、幻覚や妄想というなかなか煩わしい出来事を題材にかるたを制作していますが、毎日、うちひしがれて暮らしているわけではありません。生きるための工夫や、仲間の力を借りてそれぞれの現実を生きている様子は、私たちの共感をも呼び起こします。幻聴・妄想などの体験に関わりなく、『幻聴妄想かるた』をやったことがある方もそうでない方も、参加条件はございません。平日午後の開催となりますが、ご参加お待ちしています!

※このイベントで制作されたかるたは、2018年春に発行予定の『幻聴妄想かるた3(仮)』の札として一部採用させていただくかもしれません。また、イベントの様子は上記とセットで発行する冊子にも掲載される予定で、当日は写真家・齋藤陽道による撮影が入ります。あらかじめご了承ください。
※車椅子での来場は可能ですが、会場には数段の段差がございます。お手伝いが必要な方はその旨お申込フォームにお書きください。



<基本情報>

上田假奈代×ハーモニー「幻聴妄想みんなのかるた」

日程:201822日(金)

時間:13:3016:00

場所:豪徳寺(東京都世田谷区豪徳寺2-24-7


参加費:1,000円(お茶付き)

定員: 20名程度

ゲスト:上田假奈代(詩人・詩業家)

主催:就労継続支援B型事業所ハーモニー

特別協力:豪徳寺

企画協力:米津いつか(ノマドプロダクション)


<イベントスケジュール>

13:00 受付開始

13:30-13:45 ハーモニー施設長新澤より概要説明

13:45-14:20 「幻聴妄想かるた」を使ったかるた大会

14:20-14:30 休憩

14:30-16:00 上田假奈代氏による「つくってみようみんなのかるた」ワークショップ

16:00 終了


<ゲストプロフィール>


a0021670_20335503.jpg
撮影:村山康文
上田假奈代(詩人・詩業家)
1969年奈良県吉野生まれ。3歳より詩作、17歳から朗読をはじめる。1992年から全国で詩のワークショップを手がける。2001年「詩業家宣言」を行い、2003年喫茶店のふりをしたココルームをたちあげ「表現と自律と仕事と社会」をテーマに社会と表現の関わりをさぐる。2008年から西成区通称・釜ヶ崎に拠点を移す。聴き取った話を詩作する手法「こころのたねとして」を開発。2012年、まちを大学にみたてた「釜ヶ崎芸術大学」を開講。2016年春、「ゲストハウスとカフェと庭 ココルーム」を開く。

詩写真集『うた』(WALL)、『こころのたねとして〜記憶と社会をつなぐアートプロジェクト」(ココルーム文庫)、『釜ヶ崎で表現の場をつくる喫茶店、ココルーム』(フィルムアート社)、朗読CD「詠唱!日本国憲法」「あなたの上にも同じ空が」他。

NPO法人こえとことばとこころの部屋(ココルーム)代表。大阪市立大学都市研究プラザ研究員。2012年度 朝日新聞関西スクエア大賞。2014年度 文化庁芸術選奨文部科学大臣新人賞



<お申込方法>

以下のウェブフォームよりお申込ください。

上田假奈代×ハーモニー「幻聴妄想みんなのかるた」参加申込フォーム


定員になりましたので、締め切らせていただきました。


<お問い合わせ先>

特定非営利活動法人やっとこ 就労継続支援B型事業所ハーモニー

(東京都世田谷区世田谷3-4-1 アップビル2F)

担当:新澤(しんざわ)

TEL:03-5477-3225

E-mail:harmony_setagaya@ybb.ne.jp








[PR]
by harmony_setagaya | 2018-01-13 00:30 | お知らせ