世田谷 就労継続支援B型事業所 ハーモニーの公式ブログ

harmony.exblog.jp ブログトップ

F 『クロージングイベント』 日時:3月2日(金)

F 『クロージングイベント』

日時:32日(金)18:30-20:30

クロージングイベントでは、18:30より一週間の「かみまちハーモニーランド」を振り返ります。
ハーモニーズによる「鼻笛と舞い」に続き、藤本豊さんによる講演とトークです。
幻聴に対する心理的アプローチのひとつ「ヒアリング・ヴォイシズ」を学んだり、
声が聞こえる人と共にあることについて考えてみたいと思います。


「声と共に生きるということ」

日時:32日(金)19:00-20:30 無料

場所:ハーモニー

ゲスト:藤本豊(立教大学コミュニティー学部・明治大学文学部 兼任講師)

藤本豊さん
都立中部総合精神保健福祉センターなどで心理職として勤務
幻聴の当事者とヒアリング・ヴォイシズ東京例会を主宰 
主な著書:「私たちの津久井やまゆり園事件」「統合失調症のひろば」3号 -ヒアリング・ヴォイシズという考え方-「幻聴の世界-ヒアリング・ヴォイシズ-」など

ヒアリング・ヴォイシズとは?

「回復は孤立のなかでは起こらない」「専門家とクライエントの人間関係だけでは、回復は不可能なのだ。回復は、クライエントの生活全体でとらえていかなければならない。彼が住み、働いている社会から孤立しているようなら、生活全体とはいえない」(『幻聴の世界 ヒアリング・ヴォイシズ』中央法規)より

オランダの社会精神医学者マリウス・ロウムは、「幻聴」を治療の対象ではなく誰にでもある体験と考えて、声が聞こえる人々と一緒に聞こえる体験を理解し共有化する作業を始めました。これがヒアリング・ヴォイシズの始まりです。声が聞こえる人の体験を受け止め、その体験を真摯に聞くことで、声に振り回されずに暮らしていける対処方法を一緒に考えていきます。


a0021670_22452905.jpg

【お申し込み方法】
プログラムはすべて予約制となっております。
イベントスケジュールをご確認の上、お申し込みはメールにて代表者氏名、参加希望のイベント名、参加人数、当日連絡のつくご連絡先を明記の上、kamimachiharmonyland@gmail.comまでご連絡ください。



[PR]
by harmony_setagaya | 2018-02-28 23:03 | お知らせ