世田谷 就労継続支援B型事業所 ハーモニーの公式ブログ

harmony.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:お知らせ( 78 )

新・幻聴妄想かるたのこと

ハーモニーでは年内の完成をめざして、あたらしい「かるた」を少しづつ作っています。
a0021670_225846100.jpg

新作のカルタの付録の冊子用にメンバーたちの話を聞いています。
今日はミチコさん。
ミチコさんと新澤のご縁は18年になります。
昔のことも聞きたいねと富樫さんと相談したものの当のミチコさんは「そーねえ、忘れちゃったねえ」ということも多し。
特に最初の入院の頃のことは、記憶も曖昧になりがち。

そんなとき強い味方を思い出しました。そうだ!ご主人!

というわけで今日はミチコ家に訪問し、オトウサン(ホントはミチコさんのご主人です)のお話を伺いました。
時間も立つのも忘れて大わらいしながらの2時間でした。
そのなかで、冊子には掲載されないだろうけれど、おもしろかったオトウサンの半生記をご紹介しますね。

オトウサンは山口県の漁師の家に生まれました。
芸事をやったり草競馬の馬を飼ったり、裕福なお宅だったそうです。
しかし、オトウサンの両親は共に重い病気になりその頃は高価だったペニシリンを買うために家財を売り払うことになりました。
そのために中学校にはほとんど通えなかったといいます。

15歳の頃、オトウサンは職安に行き仕事を紹介されました。
山口の宇部といえば有名なセメントの生産地。
宇部から出荷されるセメントを瀬戸内海経由で西日本各地に運ぶ運搬船の船乗りになったのです。
船員は7~8人。これでやっと人並みの生活が出来ると思った矢先、大きな台風が山口を直撃しました。
波に持ち上げられた船は船尾から岩の叩きつけられ座礁してしまいました。周囲では40人くらいの船乗りが亡くなったそうですが、オトウサンの船では幸い犠牲者はいなかったそうです。
そのころは座礁した船からイカリやなんとエンジンなどを盗んでいく窃盗団もいたらしく、船会社はオトウサンともう1人の船員にお金を払って船の番人をさせたそうです。オトウサンと仲間は2ヶ月ほど、座礁した船の中で生活しました。
夜になると近くの島で台風で亡くなった船員たちを荼毘にふす嫌な匂いが漂ってきたそうです。

オトウサンはその後も日本中で様々な仕事をして生き抜いてきたといいます。新潟の飯場にやってきたときには、あまりにも事前に聞いていた条件と違ったので、ストライキをやったりしたそうです。

そして、東京にやってきて32才の時、当時、都庁のエレベーターガールをやっていた25才のミチコさんとお見合いをしたのでした。
結婚後もちょっとばかり命知らずのところもあり、上町(ハーモニーがあるところ)の「飲み屋で喧嘩したら、相手が鉞(まさかり)出してきて驚いたよ」なんておっしゃてました。
鉞(まさかり)ですよ、まさかり!45年前の世田谷の話です。

結婚後、2人の息子さんたちの子育て真っ最中にミチコさんの発病。
家事を1人で切り盛りしながら一家の大黒柱としてのご苦労は並大抵のものではなかったと想像します。
それでも楽天的に乗り切ってきた力強さの背景にはオトウサンの若いときの苦労があったのではないかと。
帰り際、ご長男の結婚式の写真を見せていただきました。ガッチリした彫りの深い好男子のご長男の姿から、若い頃のオトウサンの凛々しい姿を想像してしまいました。
そして、そのご結婚が二人にも何よりもうれしいことだったようです。

当事者それぞれに物語があるのと同じように、家族にもそれぞれの物語があります。
魅力的な当事者の傍には、魅力的な家族や友人たちがいることを、改めて感じた午後でした。

その後のミチコさんとオトウサンのお話は、またカルタの中でも紹介しますね。おたのしみに。

(きょうの後姿はミチコさんと富樫さんでした)
[PR]
by harmony_setagaya | 2013-07-17 23:00 | お知らせ

幻聴妄想エコバッグ

ご注文をいただいた幻聴妄想エコバッグ、完成しました!
今週中に納品します。おたのしみに。
a0021670_1192770.jpg

[PR]
by harmony_setagaya | 2013-05-08 11:17 | お知らせ

幻聴妄想エコバッグ登場

a0021670_23321566.jpg


先日のアートフリマで好評だったエコバッグ(ランチバッグ)を受注販売します。
「幻聴妄想かるた」をモチーフにした絵をコットンのバッグにアイロンプリントしてみました。
原画はメンバーの手によるもので、さわやかな色をつけてみました。
一個 1,000円(送料別) です。 
お問い合わせ、注文は harmony_setagaya@ybb.ne.jp まで。
a0021670_23373581.jpg

 
「のうのなかに機械がうめこまれて しっちゃかめっちゃかだ」
かるたの中の一枚です。
a0021670_23385955.jpg

B 「にわとりになった弟と親父」
これも、人気のかるたの一枚です。
a0021670_23402578.jpg

 「なにかやっていないときこえてくる」
通称「レレレのおじさん」とハーモニーでは呼んでいます。
a0021670_23421193.jpg

 かるたにはない亡き中村さんをモチーフにしたオリジナルの絵です。
丸い窓はゆーらゆーら揺れる船のイメージ。
「若松組」に揺らされながらも一所懸命、ご飯を食べている中村さんです。
a0021670_23451546.jpg

 Silence is golden と題された フランク・ジュリアン・ソウル氏の絵です。
泣いている女の子が印象的。
以上の5種類です。
裏側の絵はすべてこちら。題して「妄想受信中」。
NHKの「バリバラ」にかるたが紹介されたときにも使われました。
a0021670_23495781.jpg

バッグにはすべて、こんなふうにかわいいタグがつきます。
a0021670_23512340.jpg

ご縁がありましたら、お問い合わせくださーい (ハーモニー一同)
[PR]
by harmony_setagaya | 2013-04-22 23:52 | お知らせ

落合恵子さん

3月1日は共同通信から記者の方と作家であり評論家でもある落合恵子さんが来所されるというので、臨時にミーティングということになりました。

テーマはTさんの「宗教かぶれ病」でした。
Tさんは病気が出たころ、頭の中に雷鳴が鳴り響き、一面の見たことのない田園風景が目の前に広がり、「田の中の神」という声が確かに聞こえたといいます。
その後も、会社勤めを続けていましたが、ついに自宅で「護摩焚き」を敢行。救急車、消防車、パトカーの出動する大騒動になったそうです。
その後の入院中に悟りひらき、ストレスをためずに生きていく術を身に着けたといいます。メデタシメデタシ。

この話をTさんから聞いた後、落合さんも参加していただき、みんなでTさんの体験を絵にしました。
ここで公開したいところですが、Tさんの体験談とみなさんの絵は、この夏公開予定の「幻聴妄想かるた 生活・失踪編」でお披露目しますね。乞ご期待。

落合恵子さんは、メディアで拝見するように穏やかでやさしい目をした素敵な方でした。でも「自立支援」という名目で弱者に無理なひとり立ちを促す制度が、結局は弱者の切捨てでしかないことを見通している目はさすが。
記事は今月中には出るようですが、共同通信社なので、どの新聞社で掲載されるかは未定です。 
[PR]
by harmony_setagaya | 2013-03-03 09:57 | お知らせ

ハーモニーのメンバーによるライブトーク、報告!

a0021670_16451243.jpg

ハーモニーのメンバーのライブトーク

super wakuwaku live talk@ふらっとすぽっと
in 紀伊国屋 新宿南店 ふらっとすぽっと
4月20日(金)18:30~ 


もうひと月前になりましたが、紀伊国屋書店のライブトークに呼んで頂きました。
その様子はyoutubeにもアップされています。

幻聴妄想かるた【super wakuwaku live talk】

32分あたりからメンバーたちが自分の体験を語っています。
佐々木さん:車の仕事をしていたときに幻聴が始まり、会社で大変になったこと。
NONさん:ちいさいおじさんがいつも見えていること。
益山さん:いつも自分が監視されていて、自分のことが世界に実況放送されていること。etc.

ハーモニーのみなさんは、幻聴妄想かるたのおかげで、いろいろな体験をしています。
紀伊国屋さん、ありがとうございました。

医学書院版の「幻聴妄想かるた」はこちら
↑ 長松清潤さん、木挽秀夫さん、大野更紗さん、穴水幸子さん、田中直美さんの書評もあります。

購入方法はこちらから

これまでのメディアでの紹介
*朝日新聞 11月6日(日) 生活面「妄想や幻聴 かるたに」

*本の時間(毎日新聞社刊行月刊誌) 高橋源一郎氏 「幻聴妄想なことば」

*クロワッサン1月25日号 女の新聞「幻聴や妄想を当事者がかるたに。」

*週刊文春 2月9日号 立花隆氏 「私の読書日記。下手な小説よりもはるかに面白い」

*週刊ポスト 2月24日号 「ありがとう幻聴さん」

*文学界 4月号 穂村弘「詩の助走 与謝野晶子とかるたの違い」

*読売新聞 3月15日(木)夕刊「心の病 遊びで理解して」


*産経新聞 3月29日(木)文化面「偏見や恐怖感 取り除いてほしい」

*共同通信から配信され、京都新聞、新潟日報、岩手日報、神戸新聞等の生活面に掲載「幻聴妄想かるた人気。社会とつながるツールに」

*医学会新聞 2012年1月30日【座談会】卓越した教材としての『幻聴妄想かるた』

*「幻聴妄想かるた」絶賛発売中! (綾屋紗月さん)

*月刊『記録』「ハーモニー」で豊かな出会いがありました(前篇(後編) 奥山さんの記事
 
*平日開店ミシママガシン 第19回 みんなで遊ぼう! 『幻聴妄想かるた』編集:石川誠子さん

*幻聴妄想かるた facebook

オリジナルのかるたについて

*幻聴妄想かるたってなに?! かるたで作る心の「居場所」 TOKYO人権 第46号(平成22年6月16日発行)

*2ch【マジキチ】精神障害者に理解を・・・障害者の幻聴や妄想をかるたにした「幻聴妄想かるた」が登場


*【コラム】趣味的第一種接近遭遇60 幻聴妄想かるた! 床をゆらす謎の集団、若松組の秘密を追えの巻 野口智弘  [2009/12/25]

若松組と中村さん

*患者から:私がお世話になった先生(Case)VOL.41 「K先生の一言は、僕の“悪循環”を止めてくれました」(2011年10月:談)

*精神障害者:「幻聴妄想かるた」ユーモア交え理解促す - 毎日jp(毎日新聞)

*日本経済新聞8月2日(医療)「かるたで学ぶ幻聴妄想」



[PR]
by harmony_setagaya | 2012-04-16 16:41 | お知らせ

世田谷アートフリマ Vol.17に出展します!

春の深まりを感じる季節の中、
ハーモニーにて長年制作活動している手芸作業「フェニックスプロジェクト」がお祭りに出展します!
お祭りは、世田谷アートプリマです。

日時:2012/4/21・22 AM11:00~PM6:00
会場:世田谷区太子堂4-1-1 キャロットタワー(google map)
入場:無料

出展ブースには、フェニックスプロジェクトの伊藤さち先生もいてくださります。
アート作品だけではなく 、地元のお菓子あり、カフェもあったりするので、
皆さまぜひお立ち寄りください。


伊藤さち先生のウェブサイト

世田谷アートフリマチラシPDF
[PR]
by harmony_setagaya | 2012-04-12 11:02 | お知らせ

ありがとうございました。

展示会、無事終了いたしました。
3日間で300人以上の方にご来場いただき、
感謝の言葉もありません。
みなさまの力づよい励ましに勇気をいただき、
これからも地道に活動を続けていく所存です。

幻聴妄想かるたですが、
予想外の反響で生産が追いつかない状況です。
(なにしろ一枚一枚手作りなので)
今、ご注文いただきましても、納品は2月以降になってしまいます。

また、FAX、メールでご注文いただきましたお客様には、
可能な限り、折り返しの連絡をさせていただいておりますが、
1週間を過ぎて、折り返しの連絡がない場合は、
こちらの不手際で、注文が処理できていない可能性があります。
大変、お手数ですが、平日の10:00~16:00の時間帯に、
03-5477-3225まで、再度ご連絡いただきますようお願い申し上げます。
ほんとうに申し訳ありません。

(ただし、施設自体が、12/29から1/4まで年末の休みに入ります。
その間は、連絡・問い合わせが出来なくなってしまいます。
あらかじめ、ご承知おきください。
[PR]
by harmony_setagaya | 2009-12-26 23:51 | お知らせ

News

12月20日の毎日新聞地方版で「幻聴妄想かるた」が紹介されました。

藤田さんの説得力のある説明のおかげか。
かるたを製作するに至った経緯を丁寧に紹介していただけました。
a0021670_21584993.jpg
いよいよ、大ブレイク真近か・・・。
記事はここでも見れます。
[PR]
by harmony_setagaya | 2008-12-20 21:59 | お知らせ