世田谷 就労継続支援B型事業所 ハーモニーの公式ブログ

harmony.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:お知らせ( 76 )

天使- 「おそろしいような こわいような ものだった やさしかった」 

先々週の水曜日、ひさしぶりに絵を描きました。
 

Oさんの若いころの出来事です。
 

当時、横浜に住んでいたOさん。
通院のために中目黒に行く途中、東横線に乗っていた時のこと。
頭がくらくらして苦しかったので、
扉の横に寄りかかっていたら、
全身白のお兄ちゃんが横に来たんです。
シャツからズボン、スニーカーまで真っ白、ちょっとびっくりした。
後ろに何人かいて、その中の一人が白い翼みたいなものを取り出して、そのお兄ちゃんの背中にサッとつけたんです。
あ、天使だ。
都立大についたら、さっと天使は電車を降りて行きました。
 

あれは、天使だったのかな。
それとも劇団員か何かだったのかな。
そういえば、当時、電車に乗っていて都立大で、
人身事故の後処理に遭遇したことがあり、
ものすごく辛かった。
天使に会ったから僕は、自殺せず助かったのかなと思います。

 

Oさんは50年近く前の出来事を覚えていて、
小さな手帳に言葉を書きつづっていました。
 
 

「おそろしいような こわいような ものだった やさしかった」 
 

「全身白 羽もでっかく白 シャツも白 ズボンも白 スニーカーも白」
 

このふたつの言葉とエピソードを聞きながら、みんなで絵を書いてみたのでした。


a0021670_02302056.jpg


この時の絵は、こちらのブログのアーカイブにまとめてあります。

https://gencyoumousou.jimdo.com/


[PR]
by harmony_setagaya | 2017-04-09 02:32 | お知らせ

色や音と遊び、ことばの海に漂ってみたよ、TURNフェス



a0021670_13062570.jpg
東京都美術館で開催中のTURNフェス2に行ってきました。

取り急ぎ、写真で御報告。

会期は5日まで。お時間あればぜひお出かけください。


サム・ストッカーさんとのパフォーマンス

a0021670_12511106.jpg

a0021670_12510697.jpg

a0021670_12510749.jpg
a0021670_12510891.jpg
a0021670_12510913.jpg
a0021670_12510875.jpg
a0021670_13084666.jpg
a0021670_12511280.jpg
a0021670_12511396.jpg

ジェームス・ジャックさんと詩の朗読会



a0021670_13094221.jpg


a0021670_13093910.jpg
a0021670_13093829.jpg
a0021670_13093915.jpg
a0021670_13094029.jpg
a0021670_13094138.jpg
a0021670_13094070.jpg
a0021670_13094243.jpg



[PR]
by harmony_setagaya | 2017-03-04 13:13 | お知らせ

TURN

ことしもハーモニーは東京都美術館で行われるTURNフェスに参加します。

会期は今週金曜日からの3日間。

今年は2人のアーティストとハーモニーのみんなの作り上げた作品が展示されます。

初日の3月3日(金曜日)には、メンバーたちも出かけて行って、会場でパフォーマンスを行います。

平日ですが、いつもと違ったハーモニーのメンバーたちの姿を見に来てください!

サム・ストッカーさんとのパフォーマンス

13:00~13:50
ジェームス・ジャックさんと詩の朗読会
14:00~15:00
を予定しています

 


a0021670_00441399.jpg

 

a0021670_00511579.jpg


a0021670_00510054.jpg



a0021670_00442982.jpg

a0021670_00542046.jpg



会  期 2017年3月3日(金)~5日(日)
開室時間 9:30~17:30(入室は17:00まで)
会  場 東京都美術館(東京都台東区上野公園8-36)1階 第1・第2公募展示室、講堂
※講堂は5日(日)のカンファレンスのみ
入  場 無料
主  催 東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、
特定非営利活動法人Art's Embrace
協  力 東京都美術館×東京藝術大学「とびらプロジェクト」

http://turn-project.com/program/1305


a0021670_00431379.jpg

[PR]
by harmony_setagaya | 2017-02-27 01:07 | お知らせ

ハギスマスツリー 2016 138時間のクリスマス

ハーモニーのフェニックスプロジェクトが展示会を行います!
なんと20日間も!!
---------------------------------------------------------------------
ハギスマスツリー 2016
138時間のクリスマス
12.6 tue - 12.25 sun 8:00 - 10:30 / 12:00 - 21:00
* 12/12, 12/23 は close * 最終日は17:00まで

a0021670_21394523.jpg

Phoenix Projectはハーモニーで月に2回開催されている、さき織を主とした手芸の時間です。 1回の作業時間は3時間ほど、みんなでテーブルを囲み、作業する人それぞれが、生きるリズムを留めるように織っていきます 。
そうして生まれた布を使い、バック、コースター 、ポーチ、がまぐち、なべつかみなど、普段の暮らしの中で使える品々をつくりました。
今回はHAGISOのクリスマス特別展示、「138時間のクリスマス」に合わせて、 クリスマスツリーを構成する沢山の裂き織り布を制作しました。
Phoenix Projectの活動の写真展示とともにお楽しみください。
 
12/10に、さき織のワークショップを開催します。
詳細は改めてお知らせします。
 
協力
松本典子(写真家)

a0021670_21401943.jpg
 
HAGISO 東京都台東区谷中 3 ‒10 ‒ 25
http://hagiso.jp/
JR日暮里駅 北改札西口/ 地下鉄千駄木駅 2番出口より徒歩5分
築60年の木造アパート・学生のシェアハウスを改修した最小文化複合施設。 1 階にギャラリー 、カフェ 、2 階にショップ、 建築事務所などが入る 。
[PR]
by harmony_setagaya | 2016-12-02 21:40 | お知らせ

決戦は金曜日9・30

今日のミーティングはDJ田中さんの
「決戦は金曜日9・30」のまとめでした。
 
母上、先生、訪問看護士さんと田中さんのあいだに繰り広げられた入院を巡る戦いの記録です。
 
タバコを吸うなら、このうちを出ていけ!という母上の一言に端を発した親子喧嘩は、
「笑ってはいけない24時地球防衛軍」と不眠の力を借り、躁のエネルギーに火をつけました。
 
高尾山まで自転車で往復し、山頂で「絶対に入院しないぞ」と誓って、
帰りに山ほどの「白子」を買ったり、スマホや自転車の鍵をなくしたりする攻撃に出た田中さん。
 
a0021670_1294537.jpg

母上は布団の中で訪問看護師さんに田中さんの日々の様子を書きつづって報告し続けました。
その姿はまるで病床の「正岡子規のようだった(田中さん談)」そうです。
 
いよいよ、お母さんと受診をする9月30日。

その日は田中さんの誕生日でした。
絶対に「誕生日入院」を阻止したい田中さんは、
i-padの空き箱に印鑑とタバコを詰めた「タバコ爆弾」を手に診察室に向かいました。
 
a0021670_1303919.jpg

先生は入院を勧めます。
絶体絶命かと思われたその時、
「私が見守りますから!」
お母様の意外な一言が。
その一言が田中さんの心に届きました。
この時、敵だったと思っていた母上が味方になったのです。
 
田中さんは「昼夜逆転はしない」「誘惑に負けない」の二つを心に誓いました。
夜9時以降のスマホ禁止令にもしたがい、ひと月たった現在、平静をとりもどしたのです。
(まだ、ちょっと調子が高いけれど)
 
a0021670_1311652.jpg

というわけで
「『決戦は金曜日』これが本当の僕なんですよ」
という絵をみんなで描きました。
それらの絵は、いずれ公開したします。お楽しみに。
[PR]
by harmony_setagaya | 2016-11-05 01:31 | お知らせ

宇宙人(仮)

今月の始めの夜のこと。金ちゃんちで起きた話です。

夜寝ようと寝室の灯りを消していました。

ふと気付くとカーテンの中から細長い筒状のものがこちらに向かって伸びてきたのです。

え?

筒状のものは検診で使う内視鏡のような形で先から光を発していました。

ひょっとして、盗聴盗撮?

不思議と怖さは感じませんでした。

金ちゃんは起き上がってカーテン越しに筒状のモノの背後にあるものに触ってみました。

固いまるで箱のようなものです。

これは次元をこえた生命体に違いない。

それが、自分を撮影しているのかな。

電気をつけて、さっとカーテンをあけてみたけれど、すでに姿はありませんでした。

先週のミーティングの時にその話をして、みんなで絵を描いてみました。


「こわさは感じなかったなあ」
「きっと宇宙人だと思う」
「友好的な感じ」と金ちゃんはいいます。

a0021670_2152549.jpg








それにしても、
宇宙人はどうして金ちゃんちに来たのでしょうねえ。





a0021670_21524730.jpg


盗聴盗撮にちょっとばかり詳しい益山さんは、そんなこともあるよと涼しい顔で昼ごはんを食べていました。






a0021670_21534933.jpg


一応、この正体不明の生命体は宇宙人だということで、宇宙人(仮)としておきましょう。





まさか、これ?




a0021670_21543573.jpg



(この話、きっと続く。続くはず。)
[PR]
by harmony_setagaya | 2016-09-16 21:55 | お知らせ

スマートフォンケースの対応機種が増えました!

幻聴妄想スマートフォンケース、パステル画印刷スマートフォンケースの対応機種が増えました!

(デザインの変更はありません)


a0021670_14375160.jpg


[¥2400でのご提供機種]

新しく追加された対応機種は赤字で記してあります。


Galaxy S6(SC-05G)

Galaxy S5(SC-04F/SCL23)

Xperia Z3 Compact(SO-02G)

Xperia Z3(SO-01G/SOL26/401SO)

Xperia X Performance(SO-04H)

Xperia Z5(SO-01H/SOV32/501SO)

Xperia Z5 Compact(SO-02H)

Xperia Z4(SO-03G/SOV31/402SO)、

Xperia A4(SO-04G)

Xperia Z2(SO-03F)

Xperia A2(SO-04F)

ARROWS SV(F-03H)

ARROWS NX(F-01F)


iPhone5/5s/5c/6/6s/SE

Galaxy S4(SC-04E)

Galaxy S3/S3α(SC-06D/03E)

Xperia Z1f(SO-02F)

Xperia A(SO-04E)

Xperia Z1(SO-01F/SOL23)

ARROWS Fit(F-01H)

AQUOS PHONE ZETA(SH-01F)

AQUOS ZETA(SH-01H)




[¥2800でのご提供機種]

新しく追加された対応機種は赤字で記してあります。


Xperia Z5 Premium(SO-03H)

AQUOS ZETA(SH-04H)




iPhone6Plus/6sPlus

ARROWS NX(F-02H)




注文はこちらから

http://harmony1.theshop.jp/




皆様のご注文お待ちしております~!
[PR]
by harmony_setagaya | 2016-09-05 14:43 | お知らせ

お邪魔ん裕二、かく語りき

夏休みあけで、ぼんやりしていたら、裕二さんが遊びに来ました。

おりしもハーモニーはバンド練習の真っ最中。
三曲ほど飛び入りで歌って、施設長となにやらニヤニヤと笑いながら話をして、
「今日は休みだから、帰ってボイトレ(ボイストレーニング)しなきゃ。がはは」と
電動車いすを操って帰って行かれました。


a0021670_2257532.jpg


彼の去った後の机をみると、不思議な文書が。。。

お邪魔ん裕二と署名があります

全文紹介しますね。








------------------------------------------------------------
私は、今回の施設の中でたくさんの方が殺されたことについて、憤りを感じざるを得ません。
いくら何があっても、自分の思い込みや価値観を示すために人の命を絶つ、ましてや、無防備で抵抗できない人達をターゲットにすること自体が卑怯者で許すことはできません。
 ニュース等で聞く限りでは、「健全者と違い、劣っている者を世の中から片付けたくてしょうがなかった。」らしいということですが、そういう感覚が世の中のひずみを生んで暮らしにくくしているのでしょう。
この卑怯者も、世の中に入り込めない一人だったのかも知れません。
でも、そんなふざけた世の中で、世の中や自分と向き合いながら、もがいている人はいっぱいいます。
奴は、そういう向き合いを避け自分のごまかしの矛先を罪もない人に向けぶつけたのでしょう。

 正直言えば、奴には一ヶ月ぐらい身体をロープか何かでぐるぐる巻きにされてしばらく、そのままいてもらいたいぐらいです。
まぁー、仕返しみたいなことをしても、どこかの国みたいに仕返しを繰り返すことになりますから、やっても意味ないです。でも、奴がやったことからすれば、罰としても重くはないと思います。
 私としては、今まで通り〘今までより力は入るだろうが〙ケーキを売りながら「違いを見せあい、劣っていてもいい補え合えばいいだけ。」というお付き合いを作っていきます。

それが、奴との本当の勝負です。

 ニュースの中で、無念のうちに殺された方々の個々の紹介はまるっきりなく、どういう方々だったのかも全く分からない状態です。配慮なのかもしれません。  
 私は、昔からショウガイシャというと十羽一絡げに見られてしまうところがあり、「個々の性格や生活などない。」という間違った見方がまかり通っているような気がします。
いきなり夜中に襲われて、恐ろしかったと想像できるような気がします。
その亡くなった方々の無念さや悔しさを伝えるためにも、生前の足跡をたどることは重要なはずです。
それだけ、生活の主人公として見られていない表れでしょう。
勝手な物言いに聞こえるかも知れませんが、その無念さを私が継承し、いろんな人たちに自分達の『付き合いの中身』も含めてイメージし、伝えていくことでしょう。
最後に、マスコミ等の情報から嫌な言葉が独り歩きしてしまい、ショウガイシャがいじめられたりすることも多くなるでしょう。大胆に注意していきましょうや。
 
 まだまだ、書き足りないことばかりです。例えば、施設自体あり方も、いろいろあります。
私は昔、「施設が無くならないと、ショウガイシャの状況は変わらない。」と偉そうに考えていました。
 35年ほど前の通所施設は、今では考えられないほど劣悪でした。
トイレ介助を頼んでも、断られるのは当たり前という感じでした。
子供扱いも当然のことでした。
逆に、そういう環境でしたから、反発もしやすかったんです。
今は、民間委託されていることもあり、利用者さんはお客様という感覚もあり介助をこともありません。
ただ、施設の中だけで完結してしまいます。
その日を何事もなく終わればいいという感じです。
その施設でイベントをやる場合、大体のおぜん立ては職員が夜なべしてやってしまいます。
利用者さんは、当日来て楽しんで帰るという状態です。
養護学校でも、同じような状態です。
 私は、ケーキを売りながら教師や職員と仲良くなり、「今の状態は、カゴの中の鳥だね。」という話をしています。
家でも、重度になればなるほど親がすべて仕切ってしまうので、生活実感を味わえないまま過ごして、家と施設の往復で終わっています。
それでも今は、イベントや研修生の受け入れ等で外の空気が入る機会がありますが、今回のことで警備を厳しくとか言ってピントの外れた対策をひきかねないです。
むしろ、もっといろんな人を巻き込んだ方が利用者にもいい影響にもなるし、すきを作らないでいいと思います。
この前の文章で、「劣る」という言葉を使いましたが、介助が必要とかいう意味ではなく、「劣っていてもいい」と思うのです。
ショウガイに限らず、劣っていることが「悪い」というイメージがはびこっています。
子供・老人や大人でも、「劣ってはいけない」と苦しみもがいています。
そんなくだらないイメージがあるから、落ちこぼれしまいます。
そんな生きづらさを見えにくくするために、ネットや携帯・ポケモンゴー等があるような気がします。

a0021670_236128.jpg


ですから、あえて劣るという言葉を使ったわけです。
やはり、私達が自分らしくのびのび生きて「劣っていても最高の人生を遅れることを見せつけることが、今後は余計に重要になってくるでしょう。
そんな中で、他の人たちが自分たちが如何に「今までの生活が不自由で、生きづらくってごまかそうとしてきたのか。」とをとらえ返してもらえれば、少しは一緒に世の中の矛盾を突いていけるはずです。
それには、いろんな場で、私達がやってきたことや(作ってきた付き合いも含め)、やろうとしていることを伝えて、私達もいろんな人達の状態を知り、絶えず「どういう付き合いが必要なのかを出し合っていける場を作っていくことが必要なのです。

こうした試みを行っていく中で、付き合いの中身が整理され『私達の武器』になると確信しています。
                 
文責:お邪魔ん裕二
-------------------------------------------------------------------------


かっこよすぎるぞ、お邪魔ん裕二!
[PR]
by harmony_setagaya | 2016-08-15 23:05 | お知らせ

悲しい事件

先週のミーティングでは、相模原の事件のことを話しました。
深夜、施設入所支援、生活介護を行っている施設に元職員が侵入し、多くの入居者の命が奪われた先日の事件です。

この事件には、いろいろな側面があります。
「障害者が『安楽死』させられるべきものとして殺されてしまったこと」
「被疑者自身も精神障害として措置入院を経験していること」

はなしは、それらを巡って続きました。

「彼(被疑者)は、『ヒトラーがおりてきた』と言っているらしい。自分にも、いろいろなものが降りてくることがある。人ごととは思えない」とAさんが口を開きました。
「いやいや、もともと、悪い人には悪いものが降りてくる。性格のいい人(Aさん)には、いいものが降りてくるよ」と誰かが続けます。
「殺られたら、痛いからイヤだなあ」
「ひとりひとりがかけがえのない命。それを奪うのは許せない」
「たしかに彼のしたことは悪いことだし、病気のせいかもしれないけれど、社会全体が病んでいる気もするんだ。病気と言われていない人のなかにも、彼のような『障害者は死んでいい』というような考え方をする人がいると思う。」と言う人も。
「Facebookでもそういう書き込みを見たよ。正気なのか病的なのかわからないけれど。こわいね」
「わたしたちもいない方がいいと思われてるのかなあ」という声も。
a0021670_1195562.jpg

この事件はどうしたら防げたのかなあ?

「それにしても措置の解除が早くない?」
たしかに2月18日に緊急措置入院で3月2日に退院は、ハーモニーのメンバーたちの入院経験からいうと早い気がします。
「というか、退院後、事件が起きるまで、彼を誰かが支援しなかったのかな」
「生活保護のワーカーとか、保健師が、ふつうは通院しろって言うよね。野放し状態?」
「田舎の方って保健師があんまりいなかったりする」関東近県に過ごした人も言います。

ハーモニーのメンバーは、もっと入院治療を受けるべきだったのではないか。被疑者が退院後、孤立していたことで、状態が悪くなってしまったとも感じたようです。


「でも、そもそもこの被疑者は、病気だという意識があって、進んで治療を受ける人ではない気がする」とスタッフからも声があがります。
「措置入院したけれど、この人は本当に病気だったの?」
「この人は『治療』できる人なのかな」「犯罪として『処罰』される?それとも病気で『治療』される?」
「病気だから処罰されなくていいとは思わない。残された遺族のことを考えれば犯人は死刑はしかたないのかも」

疑問ばかりで考えがまとまりません。


「今後、事件を予防するという観点から、措置入院が簡単におこなわれてしまったり、必要のない入院が長引いてしまうことも心配してしまうんだよね」と施設長。
「僕たちも精神病は怖いという目でみられてしまうのかな」と独りごとのように誰かが言って時間切れとなったミーティングでした。

かけがえのない大切な19もの命が、独善的な行動で奪われてしまったこの事件。今後もミーティングのなかでも取り上げていきたいと思っています
a0021670_1201862.jpg

[PR]
by harmony_setagaya | 2016-08-08 01:21 | お知らせ

命・愛・風のいざない

a0021670_23413537.jpg

静岡県出身の詩人、益山弘太郎さんに関係するイベントが今月26日(火)、谷中で開催されることとなりましたので、お知らせします。

主催は作曲家の石田多朗さん(web) 
当日は、さとうじゅんこさん(web)、岡野勇仁さん(web)によるプーランクやメシアン他フランスの近代歌曲などとともに、石田さんの作品の演奏があります。さらに、写真家、齋藤陽道さん(web)の写真集「感動」に触発されて益山さんが綴った詩に石田さんが曲をつけた共作も演奏されます。



a0021670_2354426.jpg


また、益山さん自身の詩の朗読もあり、背景には齋藤さんの写真も映し出されるそうです。

写真集「感動」 (web)

a0021670_0372853.jpg















こちらのイベントページに詳しい告知や益山さんの作品がありますので、ぜひごらんください。

facebook event page)
https://www.facebook.com/events/598611646974867/




----------------------------------------------------------
『命・愛・風のいざない』

日時  4月26日(火) 19時開場 19時半開演

場所  HAGISO
http://hagiso.jp/ (東京都台東区谷中3-10-25 HAGISO)

出演者
さとうじゅんこ(歌)
岡野勇仁(ピアノ)
益山弘太郎(詩作と朗読)

参加者
齋藤陽道(写真提供)
益子悠紀(詩作)
石田多朗(作曲)

料金 チケット代1500円+ドリンク代500円

予約・連絡先 tentaiinfo@gmail.com (石田)
(※お名前、予約枚数、ご連絡先をお送りください。)

FBページで参加をクリックして頂くのでも結構です!
https://www.facebook.com/events/598611646974867/
------------------------------------------------------

益山弘太郎(ますやまこうたろう)

昭和34年静岡県伊東市出身
統合失調症を被病
平成20年より就労継続支援B型事業所ハーモニーへ通所
平成25年ハーモニーにて写真家齋藤陽道氏と邂逅
平成26年処女詩集「平和のハーモニー」を刊行
同年ハーモニーにてフリーランス作曲家石田多朗氏と邂逅
平成27年度より齋藤陽道氏の写真集「感動」をモチーフに詩作を開始
同年より石田氏と作詞作曲の企画をともにする。


(最新詩集)
Airplane (web)
a0021670_13383864.jpg






















(近作)
夜霧(よぎり)に漂(ただ)う水
                
闇(やみ)を包む霧(きり)
水はある時は
トウトウと流れ
サラサラと降り
タユタユと 溜(た)まった
水が作って来た
この星の歴史
荒れ狂い
土砂を流した
美しい湖の姿を映(うつ)した
太平洋でもあった
大西洋でもあった
そして 今こうして
濃縮(のうしゅく)し拡散(かくさん)して
霧となり
宵闇(よいやみ)を包む
人類の心底(しんそこ)の
何処にぞ
水は棲(す)んでいる
水と生命の循環(じゅんかん)
寂寂(じゃくじゃく)と躍動(やくどう)
大地と海は
激動の末の静寂(せいじゃく)
喜びと悲しみ
感動と嘆(なげ)き
人生の浮き沈みも
全ては水に依(よ)る
私達人間の体液
今 私達は
宵闇(よいやみ)の中に眠る
静かに眠る者
期待に夢みる者
不安に魘(おののか)される者
今日も水は
夜霧(よぎり)となり漂う
トウトウと流れる
サラサラと降る
タユタユと溜(た)まる
人類の心の中に


昨年のイベントでフォーラム「対話は可能か?」
http://www.diver-sion.org/tokyo/2015/10/forum_report_0_1/
http://www.diver-sion.org/tokyo/2015/10/forum_report_0_2/

[PR]
by harmony_setagaya | 2016-03-22 13:35 | お知らせ