世田谷 就労継続支援B型事業所 ハーモニーの公式ブログ

harmony.exblog.jp ブログトップ

天使- 「おそろしいような こわいような ものだった やさしかった」 

先々週の水曜日、ひさしぶりに絵を描きました。
 

Oさんの若いころの出来事です。
 

当時、横浜に住んでいたOさん。
通院のために中目黒に行く途中、東横線に乗っていた時のこと。
頭がくらくらして苦しかったので、
扉の横に寄りかかっていたら、
全身白のお兄ちゃんが横に来たんです。
シャツからズボン、スニーカーまで真っ白、ちょっとびっくりした。
後ろに何人かいて、その中の一人が白い翼みたいなものを取り出して、そのお兄ちゃんの背中にサッとつけたんです。
あ、天使だ。
都立大についたら、さっと天使は電車を降りて行きました。
 

あれは、天使だったのかな。
それとも劇団員か何かだったのかな。
そういえば、当時、電車に乗っていて都立大で、
人身事故の後処理に遭遇したことがあり、
ものすごく辛かった。
天使に会ったから僕は、自殺せず助かったのかなと思います。

 

Oさんは50年近く前の出来事を覚えていて、
小さな手帳に言葉を書きつづっていました。
 
 

「おそろしいような こわいような ものだった やさしかった」 
 

「全身白 羽もでっかく白 シャツも白 ズボンも白 スニーカーも白」
 

このふたつの言葉とエピソードを聞きながら、みんなで絵を書いてみたのでした。


a0021670_02302056.jpg


この時の絵は、こちらのブログのアーカイブにまとめてあります。

https://gencyoumousou.jimdo.com/


[PR]
by harmony_setagaya | 2017-04-09 02:32 | お知らせ