世田谷 就労継続支援B型事業所 ハーモニーの公式ブログ

harmony.exblog.jp ブログトップ

宇宙から来た病気

a0021670_1919166.jpg

医学書院の「精神看護」に連載させてもらってます。
11月号は 『金原さんの宇宙からきた病気』 です。
全4回の2回目です。
今製作中の新かるたの予告編です。

ほんのサワリだけご紹介。

-----------------------------------------------------
金原:(わたしの病気は)「宇宙からきた病気」です。

富樫:宇宙から!?一体、どういうことなんですか?

金原:中学生の時、天体望遠鏡で星を見ていたら、光の玉が集まってきて、3角形になってとまったんです。入院するときも同じものを見た。この病気は、何か意味があるぞ、と思ったんです。

富樫:どんな意味ですか?

金原:それはよく分からない。「宇宙の神秘」みたいな…。私は宇宙人に会ったことがあるんですよ。

みんな:えーっ、ホントに?

金原:宇宙人の女の子が公園で倒れているのが見えたんです。手から血を流していました。
母船が見えたので、それを誘導して、場所を教えて帰したんです。一緒にジョンレノンの「LOVE」をデュエットしましたよ。

田中:宇宙人が歌えるんですか?

金原:ええ、地球の事はよく分かるみたいですよ。髪はおかっぱで、ジーパンはいてました。普通の女の子に見えましたよ。

-----------------------------------------------------
羽根木公園っていう世田谷では有名な公園での出来事だそうです。
新しい幻聴妄想かるたには、病気が一段落して馬事公苑(世田谷の公園)に行ったら、ジョン・レノンの「ジョンの魂」の中の曲にそっくりの光景が広がっていて驚いたという人の体験も載っています。
そういえば小林和彦さんの「僕には世界がこう見えていたー統合失調症闘病記ー」にもジョン・レノンをめぐるながーい考察があります。
統合失調症とジョン・レノンは親和性があるのかな。
[PR]
by harmony_setagaya | 2013-10-22 19:15 | お知らせ